【ソウル聯合ニュース】7日に死去した韓国の女優、カン・スヨンさん(享年55)の告別式が11日、ソウル・サムスンソウル病院の葬儀場でしめやかに営まれた。

 カンさんは5日にソウル市内の自宅で脳出血の症状で倒れ、救急搬送された。入院後も意識不明の重体が続き、帰らぬ人となった。

 1966年生まれのカンさんは4歳で子役デビューし、韓国映画の発展に生涯をささげた。1987年、21歳のときに韓国映画界の巨匠、イム・グォンテク監督の作品「シバジ」でベネチア国際映画祭女優賞を、1989年にはイム監督の「波羅羯諦 ハラギャティ」でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。その後も活躍を続け、1990年代には韓国の大鐘賞映画祭、百想芸術大賞、青龍映画賞で賞を総なめにした。1996年にスタートした釜山国際映画祭では初期から審査委員や執行委員として活動し、2015年から17年までは共同執行委員長も務めた。

 告別式には遺族のほか、元釜山国際映画祭理事長の金東虎(キム・ドンホ)江陵国際映画祭理事長、イム監督、カンさんの遺作となった韓国映画「JUNG_E/ジョンイ」のヨン・サンホ監督、親交のあった俳優仲間ら100人余りが参列し、故人をしのんだ。