【ソウル聯合ニュース】2025年から香港の大学共通入学試験の第2外国語科目に韓国語が加わり、韓国政府が認定・実施する韓国語検定、韓国語能力試験(TOPIK)の成績が反映される。韓国教育部は22日、韓国国立国際教育院が香港の大学入試実施機関の香港試験評価局と韓国語能力試験の成績活用に関する了解覚書を締結したと発表した。

 香港の大学入試は第2外国語としてフランス語や日本語、ドイツ語、スペイン語などを設けているが、25年の入試から韓国語を追加する。独自の出題ではなく、受験者が2年以内に韓国語能力試験で獲得した最高点を反映する。

 韓国語を大学入試の科目に採択している国は日本、ベトナム、タイ、スリランカ、ウズベキスタン、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの8カ国がある。韓国語能力試験を活用するのは香港が初となる。同地では今後、韓国語能力試験が1年に2回以上実施される。

 韓国語能力試験は韓国語を母語としない人の韓国語能力を評価する試験で、昨年は世界75カ国・地域で約33万人が受験した。

 教育部の張商允(チャン・サンユン)次官は「大学入試での韓国語能力試験の活用に合意した初めての事例という点で意味がある」と述べ、香港で韓国語を正規科目として取り入れる小中学校が増えると見込んだ。