【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優、ソン・ガンホさんが救援団体に多額の寄付をしていたことが分かった。

 韓国の救援団体、希望ブリッジ全国災害救護協会は22日、ソンさんが今年3月に東部で大規模な山火事が発生したときと2020年3月に国内で新型コロナウイルスの感染が広がり始めたときに1億ウォン(約1000万円)ずつ、計2億ウォンを寄付したと明らかにした。

 ソンさんは同協会の1億ウォン以上の高額寄付者の集まり「オナーズクラブ」に加入した。

 協会によると、ソンさんはこれまで寄付の事実を公開していなかったが、分かち合いの文化を広めてほしいという協会側の要請を受け、オナーズクラブ加入を決心したという。

 ソンさんの所属事務所は「ソン・ガンホは国民の大きな関心にどのように応えるかについて悩んできた。困難な状況にある人が一日も早く日常を取り戻すことができるよう力になることもその一つで、分かち合いの文化を広めていく」と説明した。