【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が先月19日にリリースした新曲「Pink Venom」が世界最大の音楽配信サービス・スポティファイでストリーミング再生1億回を突破した。所属事務所のYGエンターテインメントが5日、伝えた。

 K―POP女性アーティストの曲としては最短のリリースから17日で1億回を達成した。2020年7月に発表した「How You Like That」が打ち立てた29日がこれまでの最短記録だったが、自ら塗り替えた。

 スポティファイでストリーミング再生1億回を超えたBLACKPINKの曲は「Pink Venom」を含め計24曲に上る。

 「Pink Venom」は75カ国・地域のiTunes(アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)のチャートでも1位となり、米ビルボードのチャート「グローバル200」と「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」でも1位を記録した。

 同曲のミュージックビデオは公開8日目の先月27日に動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生2億回を超えた。