【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が米ビルボートのメインシングルチャート「ホット100」とアルバムチャート「ビルボード200」をはじめとする各チャートで引き続き善戦している。7日(現地時間)に発表された最新チャートによると、BTSのJUNG KOOK(ジョングク)と米シンガーソングライターのチャーリー・プースのコラボ曲「Left and Right」は「ホット100」で47位に入り、10週連続ランクインを果たした。

 JUNG KOOK、JIN(ジン)、JIMIN(ジミン)、V(ブイ)のメンバー4人と米国のプロデューサー兼シンガーソングライターのベニー・ブランコ、ラッパーのスヌープ・ドッグがコラボした曲「Bad Decisions」は「ホット100」で89位となり、4週連続ランク入りした。

 BTSが6月にリリースしたアンソロジーアルバム「Proof」は「ビルボード200」で前週から2ランクアップの72位に入り、12週連続でランクインした。

 「ビルボード・グローバル200」ではBTSのヒット曲「Dynamite」が114位、英ロックバンド、コールドプレイとのコラボレーション曲「My Universe」が142位、「Butter」が172位と集計された。「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」では「Dynamite」が78位、「My Universe」が90位、「Butter」が119位にそれぞれランクインした。

 リーダーのRM(アールエム)がフィーチャリング参加した韓国グループ、Balming Tiger(バーミングタイガー)の「SEXY NUKIM」は「ワールドデジタルソングセールス」で首位を獲得した。

 また、BTSメンバーの初の正式なソロ曲として注目されたJ−HOPE(ジェイホープ)の「MORE」、SUGA(シュガ)がフィーチャリングとプロデュースで参加した歌手PSY(サイ)の曲「That That」は「ワールドデジタルソングセールス」でそれぞれ3位、12位だった。