【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)のセカンドフルアルバム「BORN PINK」が米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で前週から3ランクダウンの4位に入り、2週連続トップ5にランクインした。ビルボードが2日(現地時間)、予告記事で発表した。

 「BORN PINK」の販売枚数は、前週に比べ60%減の4万枚相当と集計された。

 ビルボード200は、週ごとに従来の形態で販売されたアルバム数(トラディショナル・アルバム・セールス)、ストリーミング再生数をアルバム数に換算したストリーミング・イクイバレント・アルバム(SEA)、収録曲ごとのダウンロード数をアルバム数に換算したトラック・イクイバレント・アルバム(TEA)を合算して順位を決める。

 BLACKPINKは先週、同作を約10万2000枚売り上げてK―POPガールズグループとして初めて「ビルボード200」で首位を獲得した。K―POPアーティストが同チャートで1位となったのはBTS(防弾少年団)、プロジェクトグループ「SuperM(スーパーエム)」、Stray Kids(ストレイキッズ)に次いで4組目。

 また、BLACKPINKはこのアルバムで全英アルバムチャート「トップ100」でも1位を記録し、米英のアルバムチャートをともに制したアジア初の女性グループとなった。