【ソウル聯合ニュース】米ビルボードが15日(現地時間)に発表した最新チャートによると、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が6月にリリースしたアルバム「Proof」がメインアルバムチャート「ビルボード200」で68位につけ、22週連続ランクインを果たした。順位は前週から2ランクダウンした。

 同アルバムは「ワールドアルバム」で2位、「トップカレントアルバムセールス」で30位、「トップアルバムセールス」で41位に入った。

 また、ビルボードのグローバルチャート「ビルボード・グローバル200」では、BTSと英ロックバンド、コールドプレイのコラボレーション曲「My Universe」が199位、「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」では「My Universe」が134位、BTSの英語曲「Dynamite」が151位にランクインした。

 BTSの最年長メンバー、JIN(ジン)が先月28日にリリースしたファーストソロシングル「The Astronaut」は「ワールドデジタルソングセールス」で2週連続1位を獲得したほか、「デジタルソングセールス」で11位、「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」で69位、「ビルボード・グローバル200」で101位だった。

 メンバーのJUNG KOOK(ジョングク)が米シンガーソングライターのチャーリー・プースとコラボレーションした曲「Left and Right」は「アダルトポップエアプレイ」で38位、「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」で89位、「ビルボード・グローバル200」で102位などとなった。