【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の開幕まで24日であと200日となり、メダル獲得を目指す韓国代表選手は暑さを忘れ練習を続けている。

 平昌冬季五輪は来年2月9日、江原道平昌郡の平昌オリンピックプラザで開会式が行われ、17日間にわたり熱戦が繰り広げられる。

 開催国である韓国はメダル20個(金8・銀4・銅8)を獲得し、総合4位に入ることを目標に掲げている。

 韓国は10年のバンクーバー冬季五輪で歴代最多の金メダル6個(ショートトラック2個、スピードスケート3個、フィギュアスケート1個)、銀メダル6個、銅メダル2個を獲得し、歴代最高の総合5位に輝いた。

 スピードスケートやショートトラックなど韓国が得意とする競技だけでなく、ボブスレーやスケルトン、スノーボード、カーリングなどもメダル獲得が期待される。

 大会前の最後の夏、選手らは準備に余念がない。

 ◇お家芸のショートトラック 「金メダル独占」準備

 過去の冬季五輪で韓国が獲得した金メダル26個のうち、21個を占める「お家芸」のショートトラック代表チームは4月に平昌五輪に出場する選手男女各5人を確定し、「金メダル独占」の準備をしている。

 ショートトラック女子は沈錫希(シム・ソクヒ)と崔ミン禎(チェ・ミンジョン)を筆頭に、次世代のエース金雅郎(キム・アラン)、イ・ユビン、キム・イェジンが出場する。

 4年前のソチ五輪ではメダルゼロの屈辱を味わった男子代表チームも、エースのソ・イラとイム・ヒョジュンをはじめ、ファン・デホン、キム・ドギョム、クァク・ユンギが名誉挽回に挑む。

 代表チームは30日から来月20日までカナダ・カルガリーでトレーニングを行う計画だ。

 ◇スピードスケート 五輪3連覇狙う李相花

 スピードスケート女子500メートルで3連覇を狙う李相花(イ・サンファ)は現在、カナダで練習を行っている。

 バンクーバー五輪の金メダリスト、李承勲(イ・スンフン)はマススタートと団体追い抜きで自身2個目の五輪金メダルを狙い、代表選考会に向け練習中だ。

 代表チームは21日まで選手村で練習し、9月初めにカルガリーに移動する。現在の代表チームの資格は10月16日までで、大韓氷上(スケート)連盟は10月中旬に五輪代表選考会を行い、出場選手を決める予定だ。

 ◇そり、アイスホッケー、カーリングも猛練習

 スケルトン男子のユン・ソンビンを筆頭に初のメダル獲得を狙うボブスレー・スケルレトン代表チームは選手村でのトレーニングを経て、今月初めカルガリーに移動した。今月末まで同地で練習を行う。

 スノーボード代表チームは来月からニュージーランドでトレーニングを行う予定だ。

 アイスホッケー男子代表チームは27日からロシア・ウラジオストク、チェコ・プラハでトレーニングを行う。9月からアジアリーグに出場し、11月2日から代表チームが招集され本格的な五輪体制に入る。

 フィギュアスケートは韓国男子のホープ、車俊煥(チャ・ジュンファン)がカナダ・トロントで、女子の崔多彬(チェ・ダビン)、朴韶妍(パク・ソヨン)などは韓国内で選考会に備えている。五輪代表は28〜30日に行われる1次選考会を皮切りに、3回の選考会を経て決定する。

 カーリング代表チームは8月から9月にかけ、日本やカナダで大会に出場する。五輪で対戦するチームが多く出場すると予想され、実戦感覚を磨く。