【ソウル聯合ニュース】韓国初の冬季五輪となる2018年平昌五輪とパラリンピックを前に、韓国文化体育観光部と五輪組織委員会は21日、ソウル市内で金・銀・銅メダルを公開するイベントを開催した。

 米ニューヨークのメトロポリタン美術館でも同時に公開イベントが開かれ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席してメダルを披露した。

 組織委員会によると、メダルとリボンは韓国文化の象徴であるハングルと韓服(韓国伝統衣装)を主要モチーフに、洗練された韓国の美を表現した。

 メダルの表面には五輪の伝統に従って左上に五輪マークが配置され、「選手の努力と忍耐」を表現したダイナミックな斜線があしらわれている。

 裏面には大会のエンブレムと種目名が刻まれた。

 縁には「平昌冬季オリンピック二〇一八」のハングルの子音部分が立体的に刻まれている。

 メダルは直径92.5ミリ、厚さは4.4ミリから9.42ミリで、重量は金メダルが586グラム、銀メダルが580グラム、銅メダルが493グラム。2014年のソチ冬季五輪と比べると、金メダルと銀メダルはより重くなり、銅メダルは軽くなった。

 金メダルと銀メダルは純銀で製作され、金メダルは純金6グラム以上でメッキするよう定めた国際オリンピック委員会(IOC)の規定を順守した。

 メダルを首にかけるためのリボンは韓服に使われる甲紗(薄い絹)素材で、雪の結晶のパターンと刺しゅうが施された。

 「一つになった情熱(Passion、Connected)」というスローガンを掲げる平昌五輪は、来年2月9日に平昌のオリンピックプラザで開幕し、韓国北東部の平昌、江陵、旌善一帯で17日間開催される。