【ソウル聯合ニュース】サッカー専門誌フランス・フットボールは3日(日本時間)、フランス・パリで同誌が選定する今年の最優秀選手賞「バロンドール」の授賞式を行った。

 最終候補の30人に選ばれた韓国代表のエース、孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)は22位を獲得し、アジア選手として最高位を記録した。

 韓国選手の受賞はソル・ギヒョン、朴智星(パク・チソン)に続き3人目。

 また、21歳以下の選手を対象とする「コパ・トロフィー」の最終候補10人に選ばれた韓国の18歳のエース、李康仁(イ・ガンイン、スペイン・バレンシア)は同率9位に入った。