【ランシット聯合ニュース】サッカー男子の東京五輪最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権(タイ)に出場している韓国は22日、タイ・ランシットで行われた準決勝でオーストラリアを2―0で下し、東京五輪出場を決めた。

 5戦全勝で決勝戦に進む韓国は1988年のソウル大会以来の9大会連続、通算11回目の五輪出場となる。9大会連続の五輪出場は世界で初めてとなる。

 韓国は前半から積極的にゴールを狙い、後半11分にMFキム・デウォンが先制。同31分にMFイ・ドンギョンが決勝ゴールを決めた。

 決勝戦は26日に行われ、韓国とサウジアラビアが対戦する。