【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)が17日に発表した最新の世界ランキングによると、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で国際Aマッチが開催されず、全ての国の順位に変動がなかった。

 FIFAは新型コロナウイルスの感染拡大後、4月と6月、7月に世界ランキングを発表した。ランキングは4月から変わっていない。

 韓国は昨年12月から40位を維持している。アジア勢では日本が最上位の28位で、イランが33位となっている。

 1位から5位まではベルギー、フランス、ブラジル、イングランド、ウルグアイ。

 次回のランキングは9月17日に発表される。