【ソウル聯合ニュース】米女子ゴルフツアーのペリカン女子選手権は23日(日本時間)、米フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、韓国の金世ヨン(キム・セヨン、27)が70で回り、通算14アンダー、266で優勝した。メジャー初制覇となった先月の全米女子プロ選手権に続き今季2勝目、ツアー通算12勝目を挙げた。

 優勝賞金22万5000ドル(約2300万円)を手にした金は今季獲得賞金が113万3219ドルとなり、韓国の朴仁妃(パク・インビ、32)の106万6520ドルを抜きトップに立った。