【ソウル聯合ニュース】米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は21日、ソウルで韓米・韓米日協議をそれぞれ行い、北朝鮮問題について議論した。

 米特別代表が東アジアを訪問する場合、韓国と日本を訪れて2国間協議を行うケースが多いが、今回は日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長ともソウルで協議した。韓国と日本が歴史問題などで対立しているが、北朝鮮の核問題を巡る対応では歩調を合わせており、同問題に関する協議は3カ国の連携を強調する機会になる。

 キム氏は3カ国協議だけでなく、韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長との協議でも3カ国協力に言及。「米国の(対北朝鮮政策の)検討過程で(韓米の)2国間だけでなく、日本との3国間でも緊密な接触を維持し、今後も緊密な意思疎通を継続すると期待している」と述べた。

 対北朝鮮制裁の履行を強調し、中国をけん制するような発言をしたことも注目された。キム氏は3カ国協議で、「われわれは北朝鮮に対する国連安全保障理事会の決議を引き続き履行する」とした上で、「特に国連安保理の理事国も北朝鮮が国際社会に与える脅威に対処するため、そうすることを促す」と述べた。特定の国は名指ししなかったが、常任理事国の中国をけん制したものとみられる。