【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は18日、政府が北朝鮮に軍事会談と赤十字会談を提案したことについて、米ホワイトハウスが「現在は(米国が望む)対話条件とは距離がある」との反応を見せたことに対し、「韓米間(の認識に)大きな違いはないと考える」との立場を示した。

 統一部の当局者はこの日、記者団に対し「(会談提案の)発表前にも外交ルートを通じて(米側に)十分な説明を行い、それに対して十分に理解したと認識している」と述べた。

 同当局者は「基本的にホワイトハウスの論評もわれわれと理解は同じだ」とし、「わが政府が提案したのも、本格的な対話条件が整ったというものではなかった」と説明した。

 また、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官が前日の記者会見で、「(北朝鮮に提案した会談は)本格的な対話ではなく、南北間の緊張緩和と平和定着のための初期段階の接触」と説明したとしながら、「米国や韓国が理解する本格的な対話とは距離があり、韓米間に大きな違いはないと考える」と述べた。

 韓米政府が理解する「対話」とは、北朝鮮が挑発を中断して核凍結と非核化の方向に進むものであり、今回韓国政府が提案した軍事会談と赤十字会談は初期段階の接触として区分しているとの説明だ。

 この当局者は「今後も米政府と緊密に協議していく予定だ」とし、「進められる状況について期待も心配もあるが、もう少し淡々と、慎重に推進していく」と述べた。