【ソウル聯合ニュース】韓国のアシアナ航空は20日、最新旅客機・エアバスA350の2号機を導入すると発表した。

 同機は19日にフランスのエアバス本社を出発し、20日に仁川空港に到着する。アシアナ航空はA350導入記念行事を開催し、社員らが参加して安全を祈念する計画だ。

 5月に就航した1号機に続いて2機目を導入したことにより、同社は現在運航中の仁川―大阪線と仁川―マニラ線のほか、25日からは仁川―上海線、仁川―シンガポール線にもA350を投入する。

 8月中旬からは仁川―ハノイ線、仁川―サンフランシスコ線にA350を投入し、中・長距離路線で運航する。

 現存する旅客機のうち最新のA350は、韓国の旅客機で唯一機内有料インターネットと携帯電話のローミングサービスを提供している。

 また、これまでのエコノミークラスより前後の間隔が7〜10センチ広い「エコノミースマーティウム」座席を導入するなど、同クラスの旅客機と比べて多彩な付加サービスと広くなった機内空間で乗客の利便性を高めた。

 A350を次世代の主力機種に選んだアシアナ航空は、9月に3号機を導入するほか、今年中に計4機のA350を導入する計画だ。