【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は20日の定例会見で、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)か中距離弾道ミサイルの発射を準備している可能性があるとする米メディアの報道と関連し、韓米は発射に備え関連動向を監視していると述べた。北朝鮮に対し「挑発にはより強力な制裁と圧力が伴うことを理解し、一日も早く非核化の道に出てくるべきだ」と促した。

 報道は米CNNテレビが米政府高官の話として伝えた。約2週間で発射可能になるとみられるという。