【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、雇用労働部長官候補に与党「共に民主党」の金栄珠(キム・ヨンジュ)国会議員を指名した。青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が発表した。

 文大統領は先月、同部長官候補に趙大ヨプ(チョ・デヨプ)高麗大教授を指名したが、国会の人事聴聞会で野党側が趙氏の専門性の不足や道徳性を問題視し任命に反対した。今月13日に趙氏が指名を辞退したため、文大統領は新たに金氏を候補に指名した。

 元バスケットボール選手という異色の経歴を持つ金氏はソウル信託銀行労働組合幹部を経て、女性として初めて全国金融産業労働組合の常任副委員長を務めた。その後、政界入りし、国会議員3期目。

 文大統領は中小ベンチャー企業部を除く17官庁の長官の人選を終えた。