【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は、日本の通信大手のKDDIと共同で、起業間もない韓国スタートアップ企業の日本IT(情報技術)市場進出を後押しする「デモデー」イベントを24日に東京で開催したと伝えた。

 電通やテレビ朝日、ソニー・ミュージックエンタテインメントなど日本大企業約10社の担当者と日本有数のベンチャーキャピタル関係者ら計70人ほどが参加し、韓国スタートアップ企業への関心の高さをうかがわせた。韓国からはシステム・応用ソフトウエアの開発会社などスタートアップ企業7社が参加した。

 自社の製品やサービスを紹介するデモデーで最終選抜された企業は、KDDIが運営する日本最大級のベンチャー支援プログラム「KDDI∞(無限)ラボ」に加わるチャンスを得る。