【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は25日、北朝鮮がミサイルの発射を準備している状況が捉えられたことと関連し、「北が正しい選択をするものと考えている」と述べ、挑発の自制を遠回しに求めた。北朝鮮の挑発には断固として対応するのが基本姿勢だとも伝えた。

 米CNNテレビは24日(現地時間)、米国防総省官僚の話として、弾道ミサイル発射装置を積んだ運搬車両が21日に北朝鮮北西部の平安北道・亀城に到着したと伝え、北朝鮮が今週中にミサイル発射実験を行う可能性があると報じた。

 韓国政府は17日、緊張緩和に向けた南北軍事当局者会談の開催を提案したが、北朝鮮は反応を示していない。統一部当局者は「われわれの真摯(しんし)な提案に北が速やかに応じるよう期待する」と重ねて述べた。