【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権で新たに国防部長官に就任した宋永武(ソン・ヨンム)氏は26日、ナッパー駐韓米国大使代理と会談し、韓米同盟の強化や対北朝鮮政策での連携に向け緊密に協議していく姿勢を示した。国防部が明らかにした。

 ナッパー氏は「両国の強固な同盟を確認し、北朝鮮の核とミサイルへの対応に共に取り組んでいくことを期待する」と述べた。

 これに対し、宋氏は「現在の朝鮮半島の安全保障は北の核とミサイル能力の高度化により、いつになく厳しい状況」として、「両国が今後とも緊密に連携していかなければならない」と応じた。その上で、「朝鮮半島の安全保障の根幹である韓米同盟の強化に向けて努力していく」と強調した。