【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は29日午前、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイル挑発に対し、断固たる措置を取ると警告した。

 韓米政府は北朝鮮のミサイル挑発に対し断固に対応するため、合同で地対地ミサイルを発射したとし、戦略兵器を展開すると明らかにした。

 また、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の発射台4基を追加で配備するため、速やかに協議するほか、韓国独自の北朝鮮核・ミサイルの対応システムをつくると強調した。米軍は今年3月にTHAADの発射台2基を基地に配備し、4月には新たに4基を韓国に持ち込んだが、別の基地に保管している。