【ソウル聯合ニュース】韓国空軍によると、米軍のB1B戦略爆撃機2機が30日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を強行した北朝鮮に武力を誇示するため、朝鮮半島上空を飛行した。

 B1BはB52、B2と並ぶ米軍の3大戦略爆撃機で、米領グアムの空軍基地から約2時間で朝鮮半島上空に到着する。米国は北朝鮮が28日午後11時41分ごろ、ICBM発射実験を実施してから、約30時間後に大量の爆弾を投下できるB1B機2機を出撃させた。

 韓国軍関係者は、「今回のB1B出動は北のミサイル発射に対応した飛行のうち、これまでで最も早かった。朝鮮半島有事の際に直ちに出撃し、爆撃任務を遂行できる連合防衛体制能力を示すことが目的だった」と説明した。

 北朝鮮は朝鮮戦争当時、米軍の爆撃で大きな被害を受けており、米戦略爆撃機が朝鮮半島に飛来する度に強く反発している。