【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は31日の定例会見で、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の発射台4基を追加で臨時配備するため、米国側と協議を始めたと伝えた。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北朝鮮が28日深夜に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の弾道ミサイルを発射したことを受け、韓国南部のTHAAD配備先に発射台4基を追加で臨時配備するよう指示した。

 文報道官は、文大統領の指示の後に米国との協議を始めたのかと問われると「その通りだ」と答えた。また、発射台は「協議が終わり次第、準備を経て臨時配備される予定だ」と伝えた。米軍はTHAADの発射台2基と高性能レーダーを韓国に配備し、運用しているが、追加の4基は韓国に持ち込んだものの別の基地に保管している。