【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は3日、北朝鮮の核問題解決に向けた議論で韓国が蚊帳の外に置かれる「コリア・パッシング(韓国素通り)」の懸念があるとされることについて記者団から問われ、「韓米間に緊密な協調があるため、コリア・パッシングには同意しない」と答えた。

 北朝鮮の関心が米国への圧力強化に向いていることに関しては、「われわれに対しては、北はまだ反応を示してしない。(韓国の呼びかけに応じるのを待つという)立場に変わりはない」と、従来の立場を繰り返した。

 また、北朝鮮問題の扱いに関し米国をはじめ国際社会も悩みが多いとした上で、「われわれも今の朝鮮半島の直接当事者としてできる部分、国際社会と協力してできる部分を、深く考えている」と強調した。