【ソウル聯合ニュース】韓国でコンビニが急速に増え、人口当たりの店舗数が日本を超えたことが8日、分かった。

 関連業界によると、昨年末時点での韓国のコンビニ店舗数(上位6社)は3万4376店舗となった。人口1491人当たり1店舗のコンビニがあることになる。

 今年3月末時点での日本のコンビニ店舗数は約5万6160店舗。人口2226人当たり1店舗となり、韓国が約1.5倍多い。

 韓国で初めてコンビニが出店されたのは1989年5月で、セブンイレブンがソウル市内に1号店を出した。その後コンビニは消費行動の変化により、デパートや大型スーパーなどの小売業の成長が鈍化する中、1〜2人世帯の増加や急速な高齢化などを背景に「一人勝ち」を続けている。

 7月末時点での店舗数はCUが1万1949店舗で最も多く、GS25が1万1911店舗、セブンイレブンが8944店舗、ミニストップ2401店舗、イーマート24が2247店舗となっている。

 一方で店舗数が急速に増えたことで、1店舗当たりの売り上げの減少や経営環境の悪化などの弊害も出ている。だが、業界では主なコンビニの新規出店競争は当分続くと見ている。

 全国に6万〜7万店舗ある個人経営の小規模スーパーの中にはコンビニへの転換を希望する店主が少なくなく、今後4〜5年間はコンビニ数が増えるとみられている。

 コンビニ業界関係者は「多くの問題があるが、まだ店舗当たりの売り上げは日本の4分の1程度に過ぎず、1〜2人世帯の増加に伴う近距離少量購買パターンの拡大などの傾向を考えると、コンビニ市場の成長は当分持続する見通し」と話した。