【水原聯合ニュース】韓国・ソウル近郊の京畿道水原市が14日に「第5回世界慰安婦の日」の行事を開催する。

 行事は市内の水原オリンピック公園にある旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の前で行われる。宣言文朗読や同市在住の慰安婦被害者、アン・ジョムスンさんの証言などが予定されている。

 「世界慰安婦の日」(8月14日)は、1991年8月14日に被害者の故金学順(キム・ハクスン)さんが初めて自身の被害を公の場で証言したことを記念する日で、2012年末に開かれた慰安婦問題解決に向けた「アジア連帯会議」で制定された。