【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は10日の定例会見で、北朝鮮がミサイルによる米領グアムへの包囲射撃を警告するなど、挑発を強めていることについて、「最近、度が過ぎた北の威嚇的な言動はARF(東南アジア諸国連合地域フォーラム)声明に盛り込まれた国際社会の総意に真っ向から反するもので、直ちに中止しなければならない」と求めた。

 また、「政府は今後とも韓米間の緊密な連携に基づき、北が挑発を中止し、緊張緩和や非核化に向けた対話の道に出るよう、全ての外交努力を積極的に傾注していく」と述べた。

 その上で、「韓米の両国は北の核問題と関連し、いかなる措置や決定においても事前に緊密に連携、調整していく」と強調した。