【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が辞意を表明したことが22日、分かった。

 朴氏は6月に行われる統一地方選で忠清南道知事に立候補する予定だ。 

 青瓦台関係者はこの日記者団に対し、「朴報道官が先週辞意を表明したため、今月中に辞表を提出すれば3〜4日の検証を経て、辞表受理日が決まるだろう」と明らかにした。 

 青瓦台の発表によると、朴氏は今月末に正式に辞表を提出し、青瓦台は朴氏の在職中の活動を検証し、正常な退職として処理するかどうかを決めるという。

 青瓦台関係者は朴氏の活動の検証と、後任探しは同時進行で行われると説明した。