【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、4月末に予定される南北首脳会談について「合意内容を制度化すべき」とし、会談の合意文が国会の承認を受けられるよう準備してほしいと指示した。青瓦台(大統領府)で開かれた南北首脳会談準備委員会の会合で述べた。

 文大統領は「国会の批准を受けてこそ、政治状況が変わっても合意が永続的に推進される」と指摘。合意の履行には国の財源も投じられるため、国会の同意が欠かせないと繰り返し強調した。