【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官は13日、スペンサー米海軍長官と同部庁舎で会談し、朝鮮半島の非核化や平和定着などについて意見交換した。

 国防部によると、宋氏は会談で、北朝鮮の非核化に向けた米国の努力を高く評価しながら、朝米(米朝)間の真摯(しんし)で誠実な対話が継続されなければならないと強調した。

 スペンサー氏は、2度の南北首脳会談に続き南北将官級会談が成功裏に開催されるなど、朝鮮半島の平和定着に向けた韓国政府の努力を高く評価した。

 また両氏は、朝鮮半島を取り巻く安全保障情勢が変化する中で強固な韓米同盟が維持されており、両国の国防当局間の連携強化が何よりも重要だとの認識で一致した。