【ソウル聯合ニュース】この冬一番の寒波が到来している韓国は、大みそかの31日も強い冷え込みが続きそうだ。

 午前8時の主要都市の気温は、ソウルが氷点下10.2度、江原道・春川が氷点下14.8度、大田が氷点下10.7度、光州が氷点下6.7度、大邱が氷点下7.9度と、ほとんどの地域で氷点下となっている。釜山は0.3度、済州は3.7度。  

 日中の最高気温は最も高い所で9度、低い所では氷点下1度にとどまる見通し。ソウルは0度と予想される。

 朝鮮半島中部と南部内陸部の一部に寒波特報が出ている。健康管理に注意し、水道管の凍結などに備える必要がある。また、多くの地域に乾燥特報も出されており、火災予防にも努めなければならない。