【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁の関係者は7日、米防衛大手ロッキード・マーチンが戦闘機F35Aの購入契約時に韓国政府に提示していた軍通信衛星1基の提供約束を実行することになったと明らかにした。この衛星は11月に米国で打ち上げられる予定だ。

 ロッキード・マーチンは韓国がF35Aを購入すれば軍通信衛星1基を提供するという条件を提示していたが、契約後、多額の費用がかかるとして韓国政府に費用分担を求め、衛星事業を中断。政府としては北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するため軍通信衛星を早急に手に入れる計画だったが、ロッキード・マーチンの事業中断で目算が狂った。防衛事業庁はその後、同社側と協議を続けてきた。

 同庁の関係者は「現在は軍と民間が兼用する通信衛星(ANASIS)を運用しているが、ロッキード・マーチンが提供する衛星が打ち上げられれば韓国軍専用として使うことになる」と説明している。

 この衛星は米フロリダ州の空軍基地から打ち上げられるという。