【ソウル聯合ニュース】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は10日、ソウルで韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と会談し、「北朝鮮が(非核化を巡る)交渉に復帰できる扉は依然として開かれている」と述べた。外交部が明らかにした。

 北朝鮮は9日、短距離ミサイル2発を発射したが、米国は北朝鮮と対話する意思があることを示唆した発言とみられる。

 康氏は北朝鮮の短距離ミサイル発射について、「南北関係の改善や朝鮮半島での軍事的な緊張緩和に向けた努力に全く役に立たない行為で、非常に憂慮される」として、「完全な非核化や恒久的な平和定着のための南北、米の真摯(しんし)な対話が重要だ」と述べた。

 ビーガン氏は共感を示した上で、「韓米が意思疎通や協力を続けることが非常に重要な時期」と応じた。