【ソウル聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は10日、来韓した米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表と初会談し、両国の協力を通じた南北・米朝対話の早期再開が必要との認識で一致した。統一部が発表した。

 統一部によると、両氏は朝鮮半島情勢の安定的な管理が重要として、朝鮮半島の非核化や恒久的な平和安定のため、両国の緊密な連携が必要だと確認。北朝鮮の人道状況などについても意見交換した。

 ビーガン氏は記者団の質問には応じなかった。