【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は11、12の両日、盤浦漢江公園のソレ島一帯で「2019漢江ソレ島菜の花祭り」を開催する。

 盤浦漢江公園はソウルで菜の花が楽しめる隠れた名所で、現在菜の花が満開となっている。

 祭りではフォトゾーンやフェースペインティングなどの体験プログラム、漢江の歴史解説家が同行する「ソレ島花畑探訪」、ストリートライブ公演などが行われる。

 また、18、19日には同じ場所で「アフターフェスティバル」が開催される。

 菜の花や農家直送の花でブーケを作るほか、菜の花を使った染色、ドローイングなどが体験できる。またリサイクル品を活用したフォトゾーンなど、さまざまなイベントが準備されている。

 祭りの詳しい内容は、フェイスブックページ(https://www.facebook.com/ hanriverflowerfestival/)で確認できる。