【仁川聯合ニュース】第72回カンヌ国際映画祭で韓国人監督として初めて最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督と受賞作「寄生虫」(原題、英題パラサイト)に出演した俳優のソン・ガンホが27日午後、帰国した。仁川国際空港では報道陣やファンなど約200人が出迎えた。

 ポン監督はパルムドール受賞について、「韓国映画100年の歴史で初めてのことで、二重の慶事だ」とし、「うれしいことで、韓国の観客との出会いが楽しみだ」と喜びを語った。

 ソン・ガンホは「ポン監督のこれまで20年の努力の結果が頂点に至ったようで、自負心とやりがいを感じて誇らしい」と話した。また「私が代表としてカンヌに残ったが、私だけでなく本当にすばらしい俳優が多く出演した作品」とし、その俳優たちの演技についても評価してほしいと願った。

 これからしたいことについて、ポン監督は家に帰って愛犬に会いたいとし、「忠武キンパ」という韓国式のり巻きが食べたいと話した。ソン・ガンホも「家に帰りたい」とし、8日間の旅が距離も遠く、とても疲れたと振り返った。

 2人はパルムドール(フランス語で黄金のシュロ)をあしらったトロフィーを披露して明るく笑った。 

 両氏は到着ロビーに出てくる前に一部の報道陣と簡単なインタビューを行った。

 ソン・ガンホはこのインタビューで「韓国映画に対する観客の皆さんの熱狂が今の韓国映画を作った」とし、感謝の意を伝えた。  

 ポン監督は「閉幕式のパーティーで審査委員らと話を交わしたが、韓国映画が100周年だと伝えたところ、喜んでいた」とし、「カンヌが韓国映画100周年に贈り物をくれた」と話した。 

 ポン監督はカンヌで「ポン・ジュノがジャンルそのもの」と評価されたことについて、「最も聞きたかった言葉だ。受賞したのと同じくらいうれしかった」と振り返った。 

 ポン監督は受賞直後の撮影会で、ソン・ガンホにひざまずいてトロフィーを渡すパフォーマンスを見せた。これについてソン・ガンホは「監督がパフォーマンスをしてびっくりした」として笑い、ポン監督は「他の監督と俳優もよくすること」とし、軽いパフォーマンスだったと説明した。

 ポン監督は「すべての監督と製作者は封切り直前が最も緊張し、プレッシャーを感じ、わくわくし、期待する。複雑な心境」とし、30日の韓国公開を控えた心境を明かした。

 また「寄生虫」がスタッフの労働時間を正確に守って作られた作品として話題になったことについて、「『寄生虫』だけが特別なわけではなく、2〜3年前から映画スタッフの給与などは正常に管理されるようになった」と話した。また「韓国映画は2〜3年前から(そのような点を)整えてきた。映画関係者全てを誇らしく思う」と伝えた。 

 ソン・ガンホは「『寄生虫』は賞自体よりも、今まで努力してきた映画の進化の結晶体を示したという点でうれしく思う。観客もその部分を見てくださればうれしい」と話した。 

 ポン監督は、ソン・ガンホだけでなく、すばらしい俳優たちの華麗な演技に注目してほしいと伝えた。

 ポン監督は2006年に「グエムル―漢江の怪物―」、08年に「TOKYO!」、09年に「母なる証明」などでカンヌ映画祭に招待された。コンペティション部門に選出されたのは17年の「オクジャ(okja)」に続き2作品目。

 「寄生虫」はポン監督の7本目の長編で、全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く、貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品。共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。