【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、青瓦台(大統領府)で米国のシャナハン国防長官代行と会談し、「対話を通じた朝鮮半島の完全な非核化や恒久的な平和構築のためには韓米同盟が何より重要だ」として、「強固な韓米同盟を通じ、朝鮮半島の平和プロセスが成功できるよう後押ししてもらいたい」と述べた。青瓦台が明らかにした。

 シャナハン氏は「韓米同盟に強い信頼を持っており、強固な韓米連合防衛態勢の維持は朝鮮半島問題の平和的な解決のための外交空間を確保することに寄与している」と応じた。

 文大統領は朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会や食糧支援など、北朝鮮に対する人道支援の必要性を説明し、米国と緊密に協議していく考えを表明。朝鮮半島での軍事的な緊張緩和や南北関係の発展が非核化を巡る米朝交渉に貢献していることを強調した。

 また、両氏は非核化の目標達成に向け、意味のある進展があるまで対北朝鮮制裁を維持するとの原則を再確認した。