◇粛清説の金英哲氏 健在か

 統一部の当局者は粛清説が出ていたが先ごろ公の場に姿を現した北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長について、党副委員長のポストを維持しているとみられると明らかにした。韓国メディアの一部は物別れに終わった2月末の米朝首脳会談の責任を取り、金氏らが粛清されたと報じていた。一方、謹慎説が出ていた金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部第1副部長も3日、大規模なマスゲーム・芸術公演「人民の国」の開幕公演に姿を現した。与正氏が公の場に姿を現したのは4月の最高人民会議(国会に相当)以来、53日ぶり。

◇韓日あす東京で局長級協議 韓国産水産物の検査強化など議論

 外交部の当局者は同部の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が5日に東京で協議し、両国間の懸案を話し合うと明らかにした。日本政府が今月1日からヒラメや貝類など韓国産水産物を輸入する際のモニタリング検査を強化していることを巡って意見交換するとみられる。

◇5日未明 U−20W杯韓日戦

 サッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ポーランド大会に出場している韓国代表は4日午後5時半(日本時間5日午前0時半)から決勝トーナメント1回戦で日本と対戦する。この大会で韓国と日本が対戦するのは2003年以来。当時は決勝トーナメント1回戦で、延長戦の末1−2で敗れており、韓国は雪辱を誓っている。

◇発見された遺体は韓国人女性 ドナウ川事故不明者17人に

 ハンガリーの首都ブダペストを流れるドナウ川で先月29日夜(現地時間)に遊覧船が沈没した事故で、3日に見つかった遺体のうち1体は50代の韓国人女性であることが確認された。韓国とハンガリーの合同鑑識チームが4日、明らかにした。これで現在まで確認された死者数は9人で、行方不明者は17人となった。