【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と中国の習近平国家主席が平壌で20日に首脳会談を行い、地域の平和や安定のため中朝関係を一層発展させていくことで一致したと報じた。

 同通信は、両首脳が会談で「朝鮮半島情勢をはじめとする重大な国際、地域問題に対して幅広く意見交換した」とし、「現在のように国際、地域情勢において深刻かつ複雑な変化が起きている環境の中で朝中(中朝)の両党、両国間の関係を一層発展させることは両国の共同の利益に合致し、地域の平和と安定、発展に有利だと評価した」と伝えた。

 中国国営の中央テレビは20日、金委員長が会談で、忍耐心を持って米国と対話を続け、朝鮮半島問題を解決していくとの立場を示し、習主席は北朝鮮の安全保障と発展を「力の及ぶ限り手助けする」と述べたと報じたが、朝鮮中央通信の21日付記事はこうした内容に言及していない。

 同通信は、両首脳が「伝統的な朝中親善・協力関係を時代の求めに合わせて強化、発展させていくことは両国の党と政府の一貫した立場であり、両国人民の念願、根本利益に全面的に合致することを強調した」と報じた。

 また、双方が「朝中両党、両国間の戦略的な意思疎通を緊密に行い、相互理解と信頼を厚くし、高官級の往来の伝統を維持し、各分野における交流と協力を深めていくため、共同で積極的に努力していくことで合意した」と明らかにした。