【ソウル聯合ニュース】2016年に解散したガールズグループKARA(カラ)の元メンバー、ク・ハラさん(28)を暴行・脅迫したとして起訴された元交際相手、チェ・ジョンボム被告に対する判決公判が29日、ソウル中央地裁であり、同地裁は懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 

 裁判官は「恋人だった被害者と別れる過程で暴行して傷害を負わせ、性行為の動画を流出させて芸能生命を断つと脅迫した」と指摘。「女性芸能人である被害者が深刻な精神的苦痛を受けた」と述べた。

 ただ、計画的犯行ではない点や動画が撮影された経緯、実際には動画を流出させていない点などを情状酌量したと説明した。

 判決を受け、クさんの弁護士は「有罪を認めながらも執行猶予を言い渡したことは適正な量刑といえない」とし、「社会において被告が行ったような犯罪が根絶されるにはより強い処罰が必要だ。控訴審で正当な処罰が言い渡されることを願う」として、控訴する意向を示した。

KARA(カラ)の元メンバー、ク・ハラさん(28)を暴行・脅迫したとして起訴されたチェ・ジョンボム被告=(聯合ニュース)[https://youtu.be/2gQjmmUo16Y]