【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市、統一部、文化体育観光部、大韓体育会(韓国オリンピック委員会)が26日午後、2032年夏季五輪のソウル・平壌共同招致に対する国民の支持を広げるための「共感フォーラム」をソウルのウェスティン朝鮮ホテルで開催する。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が昨年9月の南北首脳会談に合わせて採択した共同宣言は、32年夏季五輪の南北共同開催を誘致するため協力するとうたっている。

 フォーラムの第1セッションは「32年夏季五輪の共同開催、朝鮮半島の平和と飛躍」をテーマに、大統領直属の諮問機関、民主平和統一諮問会議の丁世鉉(チョン・セヒョン)首席副議長(元統一部長官)、金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官、朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長(与党・共に民主党)、国際オリンピック委員会(IOC)の柳承敏(ユ・スンミン)委員が五輪共同招致の意味や朝鮮半島に与える影響について討論する。

 「五輪で描く朝鮮半島の平和な未来」をテーマとする第2セッションでは、大韓体育会やシンクタンクの関係者、元国防部次官らが分野ごとの協力策について具体策を提示する。

 公開フォーラムのため、会場で登録すれば誰でも参観できる。ソウル市は、32年五輪のソウル・平壌共同招致の本格的な準備を市民たちの支持と共感の中で始動させる上で、意味のあるフォーラムになると説明している。