【成都聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領、中国の李克強首相、日本の安倍晋三首相は24日、中国の四川省成都で韓中日首脳会談を開いた。文大統領は会談後、3首脳の共同記者発表で、朝鮮半島情勢に関し「韓中日は今後も朝鮮半島の非核化、恒久的な平和のため緊密な意思疎通と協力を継続していく。朝鮮半島の平和が3カ国の共同の利益に合致するという認識で一致し、速やかな朝米(米朝)対話(の再開)によって非核化と平和が実質的に進展するよう、共に努力することにした」と述べた。

 北東アジア3カ国の首脳が米朝対話の再開を促し、対話を通じた問題解決を強調したことになり、北朝鮮が挑発行為を控え、対話に復帰するかどうかが注目される。

 文大統領は、2012年以降で初めて韓中日首脳会談が2年連続して開かれたことは意味が大きいと評価し、来年は韓国が引き継いで3カ国首脳会談を開催すると説明した。

 また、3首脳が「3カ国国民の幸福のため、国民の生活と直結した分野で協力を促進することにした」と説明し、「平昌、東京、北京で続けて開催される五輪の成功を目指して協力し、人、教育、文化、スポーツ交流を拡大して信頼を強めていく」と語った。

 さらに「国民の生活の質を高めるため、環境、保健、高齢化分野での協力を拡大する」としたほか、「第4次産業革命や保護貿易主義といった新たな挑戦に対応し、科学技術協力を通じて未来の成長エンジンを共に創出していくことで一致した」と説明した。

 3カ国が向こう10年の協力ビジョンを採択したことも明らかにし、ビジョンが「東アジアの平和・繁栄の新たな時代を開き、持続可能な世界を先導していく里程標になるよう期待する」と述べた。

 また、同日午後に予定する韓日首脳会談にも触れ、「期待が大きい」と語った。