【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機E8Cが29日、韓国の上空を飛行した。E8Cは今月26日にも韓国上空を飛ぶなど、定期的に偵察任務を行っている。

 E8Cは攻撃レーダーシステムなどを搭載し、高度9〜12キロの上空から北朝鮮軍のミサイル基地や野戦軍の機動、海岸砲と長距離砲の基地など地上の兵力と兵器の動きを細かく監視できるとされる。滞空時間は9〜11時間ほど、航続距離は9270キロに及ぶ。

 今月24日から28日まで5日連続して朝鮮半島東・東海の上空で姿が捉えられていた米偵察機RC135Sの飛行が29日は確認されず、米軍が北朝鮮への監視を目的とした飛行を中止したとの見方もあったが、別の偵察機が監視を続けているようだ。

 北朝鮮は「クリスマスプレゼント」に言及し、新たな挑発行動を示唆していた。クリスマスには目立った動きを見せなかったものの、依然として挑発の可能性は残っており、米軍は監視飛行を当面継続するとみられる。