【ソウル聯合ニュース】世界有数のファッションスクールである英国のロンドン・カレッジ・オブ・ファッションが2日(現地時間)、旭日旗をデザインした衣装の写真を公式インスタグラムに掲載したことを謝罪した。

 同校は昨年12月12日、ファッションショーの写真を公式インスタグラムに投稿した。この中に、旭日旗をデザインした衣装をモデルが着用している、ファッションブランド「VIN+OMI」の作品があった。

 インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKはこの写真を見つけ、30日に学校側に抗議すると同時に対応を要請。韓国のネットユーザーも次々抗議した。学校側は31日、この写真をインスタグラムから削除した。

 さらに同校は今月2日、公式SNS(交流サイト)上で、「韓国社会でマイナスの意味合いがある旭日旗の衣装の展示写真によって引き起こされた偶発的な行為を謝罪する」と表明した。同じ内容の謝罪文をインスタグラムにも投稿し、「写真のために傷ついた韓国人に心からの謝罪を伝える」とした。VANKにも謝罪文を送った。

 ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションは英ロンドン芸術大に属する名門ファッション校で、公式インスタグラムのフォロワーは10万人を超える。