【ソウル聯合ニュース】2018年6月に実施された韓国統一地方選の蔚山市長選に青瓦台(大統領府)が介入した疑惑を巡り、ソウル中央地検は10日午前、青瓦台の均衡発展秘書官室の家宅捜索に入った。青瓦台に検事と捜査官を派遣し、均衡発展秘書官が作成した現蔚山市長の宋哲鎬(ソン・チョルホ)氏の公約に関する資料などを押収している。 

 統一地方選の蔚山市長選では、現職だった最大野党「自由韓国党」所属の金起ヒョン(キム・ギヒョン)氏と、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近い宋哲鎬氏の一騎打ちとなり、宋氏が当選した。

 検察は、当時の均衡発展秘書官室の行政官らが宋氏を当選させるため、選挙公約作りを手助けした疑いがあるとみている。