【ソウル聯合ニュース】韓国政府系シンクタンク「東北アジア歴史財団」は21日、日本政府が独島の領有権などを主張する「領土・主権展示館」を移転開館したことに対し、歴史の過ちを正すことの重要性を唱えた上で「未来に進む唯一の道は真に反省し、これに見合う行動を取ること」と、直ちに同館を閉館するよう求めるコメントを出した。

 同財団は展示館の移転開館を「独島に対する挑発の深化」と指摘し、「最近、植民地侵奪を反省し、被害者の傷を癒やすどころか、開き直る態度を見せる日本政府の誤った歴史意識と鈍感な人権意識に深い憂慮を表す」と主張。「日本は戦争遂行のため違法に強奪した独島に対しても教科書や政府の文書、自治体の行事、展示館開館などを通じて根拠のない主張を続けてきたが、独島は歴史的・地理的・国際法的に韓国の領土」と強調した。

 日本政府は2018年1月、東京・日比谷公園内に面積100平方メートルの展示館を開いたが、スペースが狭く展示内容が充実していないとの指摘を受け、霞が関の民間ビルに展示スペースを約7倍に拡張し、今月21日に開館した。