【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とインドのシン国防相は4日(現地時間)、インドのニューデリーで会談し、「防衛産業協力ロードマップ」の取り組みに合意した。韓国国防部が5日、発表した。

 防衛産業協力ロードマップは、昨年の両国首脳会談でインドのモディ首相が提案した防衛産業協力を進めるための行程表。陸・海・空兵器の研究開発と試験、政府認証などの協力分野を明記した。インドは自国の防衛産業に進出する韓国企業に対し、規制緩和や政策的な支援などを行う。

 また、この日の会談で鄭氏は「北の非核化と朝鮮半島の平和定着は世界の平和と繁栄に向けた国際社会の重要な課題」と述べ、インドの支持と支援を求めた。シン氏は韓国政府の北朝鮮との対話再開への努力を評価し、引き続き積極的に支持すると応じた。