【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は10日にソウルで、非核化や南北関係、北朝鮮への制裁など、北朝鮮を巡る問題を調整する作業部会(ワーキンググループ)の会合を開く。韓国外交部の李東烈(イ・ドンリョル)平和外交企画団長と米国のアレックス・ウォン国務次官補代理は朝鮮半島情勢に対する認識を共有した上で、南北協力事業について協議する見通しだ。

 韓国は米朝対話の早期再開につなげようと、多様な南北協力事業を構想している。この日の会合で事業の推進方向を具体的に説明し、米国に協力を求めるとみられる。特に北朝鮮への個人旅行を推し進める上で北朝鮮制裁にかかわる問題が起きないよう、米国と事前調整を図ると予想される。

 ウォン氏は韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長や青瓦台(大統領府)、統一部当局者などとも会うようだ。12日まで滞在予定。