【ソウル聯合ニュース】北朝鮮核問題を巡る交渉の韓国次席代表を務める李文熙(イ・ムンヒ)外交部北核外交企画団長と米国のアレックス・ウォン国務次官補代理(北朝鮮担当特別副代表)は11日、ソウルの外交部庁舎で協議を開き、米朝対話の動向や朝鮮半島情勢に関する評価を共有した。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は昨年末の党中央委員会総会で「衝撃的な実際行動」に出ると予告したが、今のところ、これといった挑発の兆候は捉えられていない。協議では、こうした朝鮮半島情勢について韓米が評価を共有したとみられる。また、非核化などを巡る米朝対話の早期再開に向けた方策についても意見を交わしたと予想される。

 協議の場には統一部からも局長級の当局者が出席した。

 これに先立ち、ウォン氏は10日、外交部の李東烈(イ・ドンリョル)平和外交企画団長と北朝鮮を巡る問題を調整する作業部会(ワーキンググループ)の会合を開いた。韓国側はこの場で、北朝鮮への個人旅行や鉄道・道路の連結、南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)の平和地帯化など、南北協力事業の推進方向についておおまかに説明し、米国の協力を求めたとされる。

 ウォン氏は青瓦台(大統領府)や統一部の当局者とも会う予定。12日に韓国をたち、欧州へ向かうという。